2022年1月に見た映画

今月は映画館で0本、VODなどで10本。
ヒルコは面白いから見た方がいい。

映画館で見た映画

Netflixとかで見た映画

海外の映画 (4本)

  • ジョーンの秘密 (Netflix)
    イギリス史上最も意外なスパイとされたメリタ・ノーウッドから着想を得た話。
    話は面白いと思うんだけど、話に抑揚がなくて飽きてくる。
  • 恐怖のセンセイ (Netflix)
    邦題がネタっぽいからずっと見ようと思ってたやつ。実際は割とシリアスだった。
    テーマはやっぱり男らしさとか女性軽視みたいなやつなのかな。
  • 1917 命を懸けた伝令 (Netflix)
    一発撮りっぽく見えることで評判の戦争映画。ほんと一発撮りみたいだった。
    話は悪いところはなくて、こういう話でしょっていう鉄板な感じ。とにかく映像がすごい。
  • バスターの壊れた心 (Netflix)
    ホテルの従業員のラミ・マレックが男に出会ってから壊れていくお話。
    ラミ・マレックは壊れ役が合う。ウィル・ポールターが嫌な役が合うみたいな。

日本の映画(1本)

  • ヒルコ/妖怪ハンター (Netflix)
    ネトフリの新作のところにぽーんと出てきたので、どんなのかなと見てみたやつ。
    原田大二郎ってのも知らなかったし、最近の邦画よりちゃんとしてて見てよかった。

Netflixもの (5本)

  • ロスト・ドーター
    エレナ・フェッランテのLa figlia oscuraが原作の映画。
    こういう映画はなんていうのかな、面白いけどうっ……てなるやつ。
  • THE GUILTY/ギルティ
    リメイク版の方。ジェイク・ギレンホールのやつ。
    元のやつと大筋一緒なんだけど、あの部屋以外のシーン入れたらだめなんじゃないか。
  • マザー/アンドロイド
    クロエ・モレッツが復帰するきっかけなったみたいな話をしてた作品。
    普通の映画。展開はそうなるよねって思うやつ。見どころはない。
  • 家をめぐる3つの物語
    フェルト(なのかな)人形で取られた、家を題材にしたストップモーションアニメ。
    3作構成になっていて、昔風・今風・未来風な世界感。どれも不思議で面白い。
  • ミュンヘン: 戦火燃ゆる前に
    ロバート・ハリスミュンヘンがベースの映画。ジョージ・マッケイまた戦争映画出てる。
    主人公2人を取り巻く状況から、これはもしや…!ってなるけど、それか!で終わるいい映画。